ココナッツオイルのすすめ|自律神経失調症にも効果がある治療

笑顔の看護師

ココナッツオイルのすすめ

男の人

油が原因

今や油は、料理の必需品です。特に日本食ではなく、欧米から伝えられた食事には油が多く使われています。そういった状況下で、ある異変が起きています。それは、日本人の心筋梗塞の発症率が増加しています。心筋梗塞は、心筋に血液が届かないことにより発症します。なぜ、血液が届かないのかというと血管が詰まってしまうからなのですが、その要因は血管が狭くなることです。周知のとおり油は水に溶けませんが、血液とて同様です。そして、血液に溶けない油は血液中の成分と結合し、血管にこびりついてしまいます。こびりつけば血管は狭くなってしまいますから、油の大量摂取が心筋梗塞の原因となるわけです。このように血管が狭くなることを、動脈硬化と言います。欧米化された食事を再び以前のような食事に戻すことは、容易ではないことです。従って、今後、心筋梗塞を発症する人は増えることが予想されます。心筋梗塞になってしまってからでは遅いのではやい段階で病気を防ぐ手段を医師と相談して取り組んでいきましょう。

健康に良い油

しかし、まったく手立てがないというわけではないのです。実は、摂取しても健康に良い油があるのです。それが、ココナッツオイルです。ココナッツオイルは分子が小さいため、消化・吸収、そして代謝がはやいという性質があります。つまり、ココナッツオイルは油であるにもかかわらず、体に溜まらない油なのです。また、油に含まれているトランス脂肪酸、コレステロールという成分が動脈硬化の直接的な原因なのですが、これらの成分が一切含まれていません。油は百害あって一利なしと思うかもしれませんが、決してそんなことはないのです。油は、生命維持に必要です。そんな中、健康的な油であるココナッツオイルの存在は極めて重要であり、それ故に近年俄然注目を集めています。またココナッツオイルは自律神経失調症の改善にも高い効果があります。自律神経失調症で通院をして薬を処方してもらっている人もいるでしょう。そういった人は、自宅の油をココナッツオイルに変えてみてもよいかもしれません。病院から処方された薬とココナッツオイルを上手に摂取することで、薬だけではなく自分の力でも自律神経を整えることが出来ます。しかし、ココナッツオイルだけでは防ぎきれない部分もあるので、なにか気になる症状が表れたら医師の診察を受けて別の治療に取り組んだ方が良い場合もあるので医師と相談してから治療方法をしっかりと決定していきましょう。

2人の医者

若い方に多いがん

骨肉腫と呼ばれる骨に発生する悪性腫瘍は若い方の発症率が高いがんとして知られています。細胞が活発に活動するため進行が早く、早期発見と早期治療が四肢を温存させるためには必要なのです。

マスクをした女性

脳の血管での問題

脳の内部に通る血管は普段見ることが出来ません。しかし、自分では普段見えない部分に問題を抱えてしまっている可能性は非常に高いのです。特に、生まれつきの以上である脳動静脈奇形は発見しにくい異常として知られています。

病院

神経の腫瘍を知る

聴神経に発生する腫瘍のことを聴神経腫瘍と呼びます。基本的にこの腫瘍は危険度が低いものに分類されていて、一般的ながんよりも良性の腫瘍であることが多いのです。そのため、さほど腫瘍が大きくなければ経過観察処置をとります。